U-15日本女子選抜、グアムに22-0で勝利 大会MVPに榊原選手 ~EAFF U-15 Girl's Football Festival 2019~

韓国で行われているEAFF U-15 Girls' Football Festival 2019に参加しているU-15日本女子選抜は8月10日(土)、Bグループ2位のグアムと今大会最終戦を戦いました。第3戦で韓国に敗れた悔しさを胸に臨んだ前日の香港戦で大勝した日本でしたが、この試合も強い想いを持って臨み、試合序盤からグアムゴールに攻め込みます。前半5分、榊原琴乃選手が先制点を奪うと、その後も得点を重ね、合計12得点を奪い前半を折り返します。

後半、ベンチスタートだった4選手も開始から投入、全選手が躍動します。攻撃の手を緩めることなく、末次結依選手のハットトリックとなる3ゴールをはじめグアムから10得点を奪い、22-0で大勝を収めました。試合後は、全チームが集まって表彰式が行われ、参加した8チーム全員にディプロマが授与され、個人賞の発表が行われました。日本からは得点王に濱野穂乃香選手、大会MVPに榊原琴乃選手が選ばれ、チーム全員で喜びを分かち合いました。U-15日本女子選抜の次の活動は、9月26日からの国内トレーニングキャンプとなります。

▼続きはこちら
http://www.jfa.jp/youth_development/news/00022345/?fb_nj_20190812

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加