操体法で触診の指標とする「ひかがみ」について、解剖学博士・黒澤一弘先生(つむぐ指圧治療室代表)に解説していただきました。

「ひかがみを触診するときは、足底筋に触れることをイメージして、指紋部を使って診よう。」というお話です。詳しくはブログをご覧ください。

http://www.sotai-salon.jp/blog/2019/08/hikagami.html

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加