自分の手術で救える命がある
紛争が続くイエメンで外科医として活動した、国境なき医師団の滝上隆一医師。戦いに巻き込まれたり、交通事故にあったりした患者さんの手術に携わりました。まだ幼いながら、涙を見せることなく手術に挑んだ女の子。痛い傷の洗浄に耐えた患者さんたち。厳しい状況のなかで、優しさや強さを忘れず生きる人びとの姿に触れました。
日本で勤務する病院スタッフからいただいた贈り物も、心の支えに…滝上隆一外科医の体験談を読む⇒https://msfj.lnk2.jp/2GMOvIv

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加