バラエティ

菅田将暉、キネ旬ベスト・テンで主演男優賞 映画4作品の“激務”も「元気なんで」

 俳優の菅田将暉さんが2月12日、東京都内で開かれた「第91回キネマ旬報ベスト・テン」(キネマ旬報社主催)の表彰式に出席。「あゝ、荒野」(岸善幸監督)と「火花」(板尾創路監督)、「帝一の國」(永井聡監督)、「キセキ-あの日のソビト-」(兼重淳監督)の4本の映画に出演して主演男優賞を受賞した菅田さんは、多忙だった昨年について「体も元気なんで。とりあえず倒れてたりしないまでは、このままできる限りやっていこうかな」と語り、観客の笑いを誘っていた。

 菅田さんは約5キロあるトロフィーの重みを確かめてから、「みなさんのスピーチ、過去の受賞者を見ながら、本当に重い賞だなと実感しています。まだまだ知らないこともありますし、何ができるか分かりませんが、真摯(しんし)にワンカット、ワンカット一生懸命やっていきたいと思います」と話した。

 昨年はNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演、歌手、声優、舞台など多忙な日々を送ったことについて、司会から「少々生き急いでいるよう」と言われると、菅田さんは「そうですか? 自分としては、決めてしまったことなので。(忙しいのは)『そうなるわな』という1年でした」と振り返った。仕事が殺到していることについて「ありがたいことに『菅田とやりたい』といってくださる人がいて、その人の目や熱意を見ていると、幸せで『ぜひ』というしかない」と明かしていた。

 「キネマ旬報ベスト・テン」は、米アカデミー賞より1回多いという長い歴史を誇る映画賞で、今回は2017年公開の映画を対象に同誌の選考委員が選出した。日本映画ベスト・テン第1位には「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(石井裕也監督)、外国映画ベスト・テン第1位には「わたしは、ダニエル・ブレイク」(ケン・ローチ監督)が選ばれた。個人賞は、主演女優賞が蒼井優さん、助演女優賞は田中麗奈さん、助演男優賞はヤン・イクチュンさん、新人女優賞は石橋静河さん、新人男優賞は山田涼介さんだった。

 表彰式には、蒼井さんや田中さん、ヤンさん、石橋さんらが出席。山田さんはスケジュールの都合により欠席した。
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連動画

動画一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加