※現在、システム不具合により一部の画像が表示されない状態となっております
東京都
0 169
【龍神NIPPON】アジア競技大会を4勝1敗の5位で戦い終えた全日本男子・龍神NIPPONが9/3(月)に帰国しました。チームを率いたキャプテン・深津英臣選手のコメントを紹介します。
■大会を終えて
「僕自身、このアジア競技大会に挑むにあたっては色々な気持ちがありましたし、懸ける思いもものすごく強かったので、正直なところ、すごく悔しいですし、申し訳ないなと感じています。
 結果としては、僕らが望んでいたものは出せなかったですが、このメンバーですごくいいチームになりましたし、試合を重ねるごとに強くなっていきました。こういったメンバー構成で、こんなにもオフェンシブ(攻撃的)なチームでやったことがなかったので、僕自身もすごくいい経験になりました。周りに若い選手も多い中で、どういうコミュニケーションを取らなければいけないのか、どういうプレーをしなきゃいけないのか。そういうことも含めて、様々なことを考えさせられながらバレーボールができて、とても成長できたと思います。
 やっぱりここで優勝して、世界選手権チームの監督、コーチにアピールしたかったですが、この反省を次の国内でのリーグ戦などに生かして、またアピールしていけたらいいかなと思います」
■世界選手権出場メンバーに向けて
「まずはアジア競技大会の応援ありがとうございました。応援してもらった分、僕らも世界選手権の選手たちのことは素直に応援しようと思っています。男子は今、とにかく強くならなければいけない時だと思います。僕らはできなかったのですが、人気だけではなく、実力も伴うように、世界選手権はしっかりと結果を求めてまた頑張ってほしいなと思います」
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連投稿

投稿一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加