IT

【Instagramの使い方 vol.5】気になるユーザーをフォローしてみよう

Instagram(インスタグラム)のアプリを起動すると、通常はフィード画面が表示されます。下の方にスクロールしていくと、様々なユーザーが投稿した写真がズラリと登場しますが、フィード上ですべてのユーザーの写真が見られるわけでも、かといってランダムに選ばれているわけでもありません。「フォロー」をしたユーザーの投稿だけが表示されているのです。

フォロー(follow)は“追いかける”とか“従う”といった意味がある言葉。あるユーザーをフォローすることで、その人の投稿をさながら追っかけのように閲覧していくことができるのです。フォローの仕方はプロフィール欄を表示させて「+フォローする」ボタンを押すだけ。お手軽ですのでたくさんのユーザーを追加したいところですが、フォローすると相手に通知が行くこと、非公開IDの場合は許可なくフォローできないことは頭に入れておきましょう。
未フォローのユーザーを探す方法はいくつかあります。検索機能で名前やユーザーIDを入力して探していくというのがオーソドックス。有名人や著名人、芸能人のフォローをしたいときは重宝します。また、検索の項目にあるピープルというタブには、今までインスタグラム上で行動した結果をもとに、おすすめのユーザーを表示してくれます。有名人・芸能人から遠い知り合いまで様々なアカウントが並んでいますので、ピープルをなんとなく眺めながらフォローしたい人を探してみるのも面白いかも。
フィード内にある「おすすめ」にも、友人関係や趣味嗜好にあったユーザーが表示されます。このおすすめから「すべての表示」をタップすると、Facebook上の友だちを検索することもできます。Facebook経由でインスタグラムに登録したのならば、既にお馴染みの友人たちがフォロワー(自分がフォローしているユーザー)となっているかもしれません。
スマホの連絡先に登録されている人たちも、ここから探すことができます。「仕事上の関係者には見せたくないのになぁ……」なんて人もご安心を。検索したからといって、すべての連絡先が自動的にインスタグラムに登録されることはありません。どんな知り合いが登録しているか、試しにチェックしてみてはいかが?

ちなみにDaySnap (Facebook navi) のアカウントもありますのでぜひフォローしてみてください!
https://instagram.com/facebook_navi/


<あわせて読みたい>
【Instagramの使い方 vol.1】今にぎわっているインスタグラムとは?
【Instagramの使い方 vol.2】インスタグラムの始め方
【Instagramの使い方 vol.3】フィルタを使って写真を加工&投稿してみよう
【Instagramの使い方 vol.4】ハッシュタグを活用してみよう
【Instagramの使い方 vol.6】いいね!やコメントを活用して、コミュニケーションの幅を広げよう
【Instagramの使い方 vol.7】検索機能を使って有名人や盛り上がっているハッシュタグを見つけよう
【Instagramの使い方 vol.8】ダイレクトメッセージで、親しい人にだけ大切な写真を送ってみよう
【Instagramの使い方 vol.9】PC版Instagramを活用しよう
【Instagramの使い方 vol.10】シーン別おすすめの加工 part.1
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加