ライフ

午前・午後を表す「AM・PM」ってなんの略?

■「AM・PM」ってなんの略?

生活の指針であり基準にもなっている「時間」ですが、時刻は、1日を24時間で考える「24時間制」と、12時間ごとに区切り午前・午後で考える「12時間制」で表わされるのが一般的です。

午前・午後を表すときに、「AM・PM」という表記が用いられることがあるのは皆さんも知っているでしょう。

では、午前の意味を表す「AM」と午後の意味を表す「PM」とは何の略なのでしょうか?

 

こちらが正式な表記です。

AM…ante meridian

PM…post meridian

(出典:Weblio辞書 英和辞典・和英辞典「a.m.」「 p.m.」)


それぞれラテン語で、Anteが「前の」、のPostが「後ろの」、meridianが「正午の」という意味となります。

よって、正午より前となる午前は「ante meridian」、正午より後となる午後は「post meridian」と表されます。

それらの単語を略して「AM・PM」になるのですね。

ちなみに、日本では「AM10:00」と表記しますが、海外では「10:00am」と表すのがルールなのだそう。

もし今後、海外に行くようなことがあれば、覚えておくといいかもしれません。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加