ライフ

混雑している便を選ぶ理由

国際線の飛行機を予約する時、空いている便と混雑している便、あなたはどちらを予約しますか? きっと多くの方は空いている方を選ぶことでしょう。長距離便ならなおさらのことです。でも、なかにはわざわざ満席間際の便を予約する人たちもいるのです。もちろん、混雑が好きなマニアではありません。察しのいい方はお分かりでしょう。そう、アップグレード狙いです。

航空会社は通常、エコノミー席はキャンセルが一定量あると予測し座席数より多目に予約を取り、席が足らなくなると誰かに他の空いている席に移ってもらうようお願いします。つまり、上のクラスのプレミアムエコノミーやビジネスに、追加料金なしで移ってもらう人を航空会社が選ぶわけですね。ただし、選ばれる権利は誰もが平等ではなく、普通料金でチケットを購入している人やマイレージの上級会員たち(JALならJGC会員、ANAならSFC会員たち)が優先される傾向があります。それを逆手に取り、ある程度のステイタスを持っている会員たちは、わざわざ混んでいる飛行機の予約を取り、無料でアップグレードされるのを狙うのです。

また、もし選ばれなくてもお得意様優先で予約できるエコノミーのよい席(非常口座席や最前列)はキープしているので、どちらに転んでも悪い席には当たらないようにしています。航空業界では有名なお話でした。

<関連リンク>
憧れのビジネスクラスに格安で乗る方法
ワガママ渡航プラン
JAPAN AIRLINES (JAL) Facebookページ
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加