ライフ

熱帯夜も熟睡!この夏を乗り切る予算別快眠グッズはこれ!

予算別の快眠お助けグッズ

夏本番、暑くて寝苦しい夜をいかがお過ごしでしょうか。「クーラーを付けっぱなしで寝て夏風邪をひいた」「暑さでぐっすり眠れず寝不足」という方もいらっしゃると思います。そんなあなたに夏を元気に乗り切る、快眠お助けグッズを予算別にご紹介します。

■庶民派5,000円以下 - 麻素材

「少しでも涼しく快適に眠りたい!でも予算がない!」というあなたにオススメなのが麻素材の敷パッド&枕パッドです。麻は熱がこもらず汗もしっかり吸収してくれ、そしてみなさんご存知のとおり手触り抜群です。

ホームセンター等でシングルの敷パッドと枕パッドを買った場合、3,000円でお釣りがきます。遠慮なく洗えるのも嬉しいですね。

麻の敷パット・枕パッド(外部サイト)

■ちょっとリッチに1万円以下 - アウトラスト(温度調整素材)

アウトラストはNASAが開発した温度調整機能を備えた特別な素材。実はこのアウトラスト、人間が快適と感じる温度(32度前後)をずっとキープしようとせっせと働いてくれます。暑い時は体から余分な熱を吸収し、寒い時には蓄えていた熱を放出するというなんとも賢いヤツなんです。メーカーによって値段も変わりますが、シングルの敷パッドと枕パッドで1万円以内。1年中使えることを考えると、とっても経済的ですね。

アウトラスト(外部サイト)

■余裕があるあなたは5万円以下 - こだわりのシルク

お金持ちのナイトウエアといえばシルク。シルクは汗を吸収してすぐに外気に放出してくれます。人の肌と同じタンパク質で出来ているのでお肌に優しく、静電気も防いでくれるので日焼けで乾燥しがちな夏のお肌にも優しい素材です。

シルクも夏は涼しく冬は温かくあなたを包んでくれるので、1年を通して使用できることも魅力ですね。お値段は実にピンからキリまで。敷パッドと枕パッドで2~3万円というものから10万円以上するものまであります。お財布と相談してから決めてくださいね。

ところで、枕カバーは毎日洗っていますか? 汗をかきやすい夏は特に気をつけたいのが、枕に繁殖する雑菌。昨日と同じ枕カバーを使っているあなたは、昨日の下着を履いているのと同じです。雑菌だらけの枕は抜け毛やニキビの原因になります。ぜひ毎日洗って清潔に保ってくださいね。
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コラム

コラム一覧を見る

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加