ライフ

雑談力がグーンとアップする魔法の言葉、「イエスアンド」の賢い使い方とは?

まだ親しくなっていない仕事関係者との「雑談」。スムーズにこなせば、その後のビジネストークも滑らかに進む事は分かっているものの……何気ない話を繋げていくのは難しい。ああ、僕をランチに誘わないで……うぅ、早く本題に入って! なんて心の中で叫んだ経験、きっとあなたにもありますよね。

そんな時、たった1つの「魔法の言葉」を意識するだけで、ぐーんと雑談が楽になるのです。その魔法の言葉とは「イエスアンド」。例えば相手が「今日は良い天気だね!」とあなたに話しかけたとします。その言葉を聞いたあなたは「本当に気持ちの良い天気ですね。こんな日はオープンエアのカフェでお茶したら気分も上がりますよね!」……そう、相手の言葉を肯定的に受け入れ、それに自分のアイディアを1つ足すだけで会話はいつまでも続けられるのです。

この話法のコツはとにかくイエス(=まずは相手の言葉を素直に受け容れて肯定する)の意思表示をし、アンド(=自分のアイデアを1つ足して返す)で会話のキャッチボールが途切れないよう意識していく事。相手の言葉を無意識に否定したり「そうですかあ?」と曖昧な質問形で返すのはNGです。

慣れるまでに少し時間が掛かるかもしれませんが、「イエスアンド」を常に意識し会話を進めて行けば、基本どんな人とでも雑談は成立します。実はコレ、シアトル系のコーヒーチェーンや超大手エンタメ企業でも研修で使われている話法です。あなたも魔法の言葉「イエスアンド」で雑談力をUPしませんか?

<関連リンク>
与えぬもの、頼むべからず
オフィスのコミュニケーションツール
日経ビジネスオンライン Facebookページ
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加