ライフ

意中のアノ人を“さり気なく”食事に誘う方法

最近、こんな声を耳にしました。「出会いはあるが、女性と2人で会う機会がない」。仕事上の交流から次のステップに進めないという悩みです。そんな時は、とりあえずご飯に行ってみるくらいのスタンスで、まずは気軽に2人で過ごす時間をつくる方法がおすすめです。

・歓送迎会の幹事をするための下見(女性と2人で指名された場合)
・仕事のサポートへのお礼(お返しにごちそうするスタンス)

など、ToDoに近い必然性や分かりやすい理由があると、OKをもらいやすくなります。素敵な誘い文句や豪華な食事などに頼るのではなく、女性が仕事モードの時に、左脳で「行ってもいいかな」と思えるラインに落とし込みます。

素敵な女性ほどライバルが多いもの。声をかけるのは良い雰囲気になってからなんて考えていたら、誰かに先を越されてしまうかもしれません。まずは仕事の延長くらいの感覚で食事に誘い、そこから少しずつ良い関係をつくっていきましょう。一緒に過ごす時間を楽しくできるかは男性の頑張り次第ですが、「意外と楽しい!」と感じてもらえたら、女性の反応も徐々に仕事モードから右脳&女子モードへと変化していくはずですよ。

<関連リンク>
好感度大のワリカン術
女性にウケる男の条件10
男性必見! 飲み会で女子が嫌がるポイント
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加