ライフ

「恋愛」しないと脳機能は低下する!?

「あなたは今、恋愛してますか?」なんて突然聞かれたら、一瞬返す言葉に詰まってしまいますよね。でも実は“大人の恋愛”は脳に良い影響を与えるとアメリカの研究で発表されているんです。

人が恋愛すると脳の神経を成長させる因子=神経成長因子(Nerve grouth factor)が分泌され、脳機能を高めます。逆に恋愛モードになっていない脳はこの神経成長因子が分泌されず、脳の委縮が早まって老化が進み、認知症のリスクが高まる。

とはいえ、これは全て“脳内”のお話。つまり実際にドロドロの不倫に身を投じたり、新たにデートをする相手を探すという事ではなく、脳を恋愛状態に導いてあげれば良いのです。例えば行きつけのお店のスタッフや社内の誰かにときめいたり、グラビアアイドルの写真集を見てドキドキしたり、アイドルのライブでテンションを上げたり、妄想の世界で思いっきり誰かに恋をする、なんて言うのでもOK。むしろ、大人の男性のリアル失恋はダメージが大きく、それが原因で鬱状態に陥ってしまう事もありますので、“脳内恋愛”の達人になる事で脳機能をUPさせるのが正解かもしれません。


<関連リンク>
これからは、脱婚活!?
シアワセは「腸」で作られている
激しい恋は、体に悪い
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加