時事

こじるりの「見せるためじゃなくて使える筋肉を持っとけ」論は個人的には大いに賛同したい…が、プチ炎上は致し方なし?

相次ぐ新型コロナショック報道の影に隠れ、「こじるり」ことタレントの小島瑠璃子(26)による「筋トレに励む男性」に関する発言が、ほんのり炎上しちゃった様子である。

小島は4月21日、元AKB48の板野友美(28)とインスタライブを開催。筋トレをする男性について、

「筋トレって、世界で一番意味わからない。努力の方向が筋トレじゃなくて、筋肉がつくなにかをやればいいと思う。ラグビーやってて筋肉がつく、とか、格闘技やってて筋肉がつく、っていうほうが好き。男たるもの、見せるための筋肉じゃなくて使える筋肉を持っとけよって思う。だって、なにかあったときに人の役に立つ筋肉のほうが良くない? どうすんの、見かけだけのムキムキ」

……と持論を展開。ところが! このコメントに対して、ちまたの筋トレマニアから、

「これでこじるり嫌いになったわ」

「小島瑠璃子は全てのトレーニーを敵に回した」

……ほか、批判の声が殺到。こうした事態を受け、小島は4月30日に自身のツイッターに、謝罪と釈明の意を投稿した。

さて。まず個人的な見解を述べさせていただくなら、私もこじるりの“筋肉論”には猛烈に賛同する。私は生まれてこのかた、一度もジム通いをしたことがない。

週に2〜3回草野球の試合をこなす生粋の野球好きである私にとって「筋肉」とは、キャッチボールやノックや素振りやベーラン(=「ベースランニング」の略)……といった反復練習によって自ずと鍛えられるのが理想であって、自宅で行う腕立て50回や腹筋100回は、あくまで速い球を放ったり、スイングスピードを上げたりするための“補助作業”に過ぎない。

つまり、ゴールはこじるりが言うところの「見せる筋肉」ではなく「使える筋肉」にあるわけだ。

しかし! いっぽうで「女性の前で裸を披露する可能性がホンの数%だけでも生じるシチュエーション」、たとえば「ちょい私に気がありそうな女性とのデート」が間近に控えている際などには、2〜3日前から腕立てや腹筋の回数を増やして、身体をつくったりもする。

つまり、このケースではこじるりが言うところの「見せる筋肉」がゴールになっている。すなわち、私が筋トレに抱く“信念”はブレブレなわけであって(笑)、本来は単にジムへ行くのが面倒臭いだけ……なんだろう。たぶん。

私のように「週2〜3回(=年間100試合。今はさすがに1ヶ月以上“お預け状態”であるが…)の野球」という、いささか尋常じゃない、プロ球団2軍クラスの“筋肉を鍛える場”がある者にとっては、たしかに筋トレの必要性も希薄であろう。

けれど、はたしてそんな脳天気な環境に恵まれた社会人が、ここ日本に何人実在するのか? たいがいの真面目に働いているヒトたちは、最短の効率を見込めるジムで、程度の差こそあれ「見せる」なり「使う」なりの筋肉をつくり、ひいては“日々の運動不足”や“健康の維持”に努めなければならないのである。

したがって、多少フランクすぎるきらいもなくはないものの、とりあえず速攻で「謝罪」の意を示したこじるりの判断は賢明だったのかもしれない。私だったら合コンでこじるりと同質の放言をし、7〜8割くらいの男子から嫌われてしまいがちな女の子がもしいたら……逆に速攻で行っちゃいますけどね? 少数派同士の意気投合ってまさに三段跳びで親密になれますから!

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加