ライフ

『スラムダンク』最終回のその後/三井が再び「あんなムダな時間を」と後悔した事とは!?

国内累計発行部数が1億2000万部以上という、驚異的な記録を打ち立てているスポーツマンガの金字塔『スラムダンク』。不良だった赤髪のバスケ初心者・桜木花道が、湘北高校バスケットボール部に入部し、強豪校のライバルらと対戦しながらメキメキと頭角を現していく物語に、多くのファンが魅了されたものです。

さて、そんな『スラムダンク』が連載終了したのが1996年ですが、その8年後である2004年、作者の井上雄彦先生によって、“最終回のその後”が描かれたことをご存知でしょうか? 『スラムダンク一億冊感謝記念・ファイナルイベント』にて、当時使われていなかったとある高校の黒板に、井上先生が描いたのは「あれから10日後-」。そう、人気キャラたちの最終回の10日後をショートストーリー化していたのです…!

 

今回は「あれから10日後-」のなかで描かれた、三井寿のシーンを紹介します。

 

■最終回後も燃える漢・ミッチーの活躍を期待させるシーン

中学時代、神奈川県のMVPに選ばれるほど注目のバスケットボールプレーヤーだったにもかかわらず、湘北高校に入ってからグレてしまい、2年間のブランクを経てバスケ部に復帰していた“ミッチー”こと三井。

様々な不運が重なってバスケ部から離れた三井が、2年後に不良仲間を引き連れてバスケ部を潰しに来る話は、本作の中でも人気の高いエピソード。恩師である安西先生との再会を機にバスケへの想いが溢れ出し、「安西先生…!! バスケがしたいです……」と崩れ落ちながら号泣するシーン(オリジナル版8巻)は、屈指の名シーンとして語り継がれています。

さて最終回では、同じく3年だった“ゴリ”ことキャプテン・赤木剛憲、“メガネ君”こと副キャプテン・木暮公延は、夏のインターハイで引退したものの、三井は冬の選抜(選抜優勝大会)にも出場するためバスケ部に残っていましたよね。

「あれから10日後-」では、早朝5時前から一人で体育館に訪れ、3Pシュートの自主練をしているシーンが描かれます。

三井いわく、「赤木が抜けてリバウンドはガタ落ちだ もっとシュート成功率を上げねぇと海南にはかてねぇ」との理由があるようですが、その裏のホンネが心の中で呟かれるのです。

そのホンネとは、「冬の選抜では何としてもIH(インターハイ)の時より目立って大学の推センをとらねーと!! 赤木と違って学力ではノーチャンスだからな…」というもの…。

続けて、「なぜ俺はあんなムダな時間を…」「そんなバカじゃなかったのに…」と、ずーんと落ち込んだ姿が描写されるのでした。

ちなみに、『スラムダンク』ファンならばすぐにピンとくるでしょうが、この「なぜ俺はあんなムダな時間を…」というセリフは三井のセルフパロディ。県大会決勝リーグの陵南戦(オリジナル版21巻)にて、体力の限界で途中交代してしまった三井が、ポカリスエットの缶のタブを空ける力さえ残っていない自分に失望しつつ、涙ながらに心の中で呟いた名セリフでしたよね…!

「あれから10日後-」では体力の低下ばかりでなく、グレていた2年間によって学力も低下してしまっていたことを、ギャグ調でパロッていたというわけです。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加