ライフ

【涙腺崩壊】『スラムダンク』メガネ君(木暮公延)の3Pシュートの感動をお膳立てした、○○の言葉

国内累計発行部数が1億2000万部以上という、驚異的な記録を打ち立てているスポーツマンガの金字塔『スラムダンク』。

不良だった赤髪のバスケ初心者・桜木花道が、湘北高校バスケットボール部に入部し、強豪校のライバルらと対戦しながらメキメキと頭角を現していく物語に、多くのファンが魅了されたものです。

■田岡監督の「侮ってはいけなかった」が涙腺崩壊スイッチ

神奈川県高校総体バスケット男子決勝リーグ、湘北VS陵南。

天才・仙道彰や2m越えの主将・魚住純を擁する陵南とのこの試合で、勝利したほうが全国大会出場の権利を手にするという、神奈川大会の最終決戦です…!

この試合の終盤、感動シーンが多い『スラムダンク』の中でも、屈指の涙腺崩壊シーンと名高いのが「メガネ君」(及び、その前の回である「素人・桜木2」)の回でしょう。

メガネ君こと木暮公延は湘北高校バスケ部の副キャプテンですが、身体の線が細めで、温厚でどこか気弱なイメージもある人物(本当は芯の強い男なのですが)。湘北に赤木剛憲、三井寿、宮城リョータ、流川楓、桜木花道の5人が揃ってからの物語中盤以降は、スタメンからも外れていました。そんなメガネ君ですが、試合終盤、体力の限界を迎えた三井と交代する形でコートへ。けれど、この試合の当事者たち目線で見ても、読者目線で見ても、湘北のスタメンや陵南のスタメンと比べ、“格落ち”感は否めません。

それを最も感じていたのは、陵南の監督・田岡茂一。田岡は木暮を“湘北の不安要素”と考え、陵南の選手・池上に「赤木・流川にボールが渡ったら必ずWチームにいけ 木暮はある程度離しといていい!!」と指示を出すのです。

その直後、花道がパスカットに成功! 池上は流川へのパスを警戒し、流川のマークにつきますが、そのため木暮がフリーに…! (流川が嫌いな花道は迷わず)木暮にパスを出し、木暮は冷静に3Pシュートを放つのです……!!木暮の手から離れたボールは、きれいに放物線を描き、見事にスウィッシュ(リングに触れずにゴールするノータッチシュート)。4点差にするのでした。木暮を称え歓喜する湘北メンバーを見ながら、田岡はこう後悔の念を心の中で呟きます。

あいつも3年間がんばってきた男なんだ 侮ってはいけなかった」と。

木暮が3Pシュートを決めた瞬間も感動で身震いしますが、この田岡のセリフがトドメ的に涙腺を壊しにかかってくるんですよね…!!

余談ですが、この田岡監督、決して嫌味な性格だったりするわけではないのです。むしろ、かなり漢気に溢れる人格者と言えるでしょう。その証拠に、この試合で湘北に敗れた後、バスケ専門誌の記者からの取材で敗因を聞かれた際に、こう答えているのです。

「あと ほんの一押しだったところを 木暮君と桜木君にやられました」

「私は あの2人を湘北の不安要素と決めつけていた 桜木は危険な素人 木暮は層のうすいベンチ要員として… だが彼らが試合を決めた」

「敗因は この私!! 陵南の選手たちは最高のプレイをした!!」

そう、田岡もめちゃ熱い漢なのです…! ある意味、メガネ君の3Pシュートが涙腺崩壊シーンとして名高いのは、田岡のセリフありきと言っても過言ではありません(笑)。

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加