ライフ

結婚生活が楽しくなる妻 7つの条件

恋愛のその先のゴールである「結婚生活」。そこから逆算し、結婚生活が楽しくなる「女性」「妻」の条件をご紹介します。

1.コミュニケーション力のある女性を選ぶと幸せになれる

家族をきりもりし、子育てをし、親戚付き合いをこなす。さらには人生のさまざまなピンチも2人で話し合って乗り越えていかないといけません。そのとき、妻は「自分の考えをしっかりと前向きな言葉で表現する力」が必要になります。相手の考えを理解し、要約して解釈する能力も必要です。「理解力」「表現力」がある女性と結婚することで、コミュニケーションがスムーズになり、ストレスは半減します。

「話が飛ぶ」「感情的になって脱線しやすい」「自分の感情を押しつける」「相手の意見を聞かない」「自分が悪くても謝れない」「自分の考えをうまく表現できない」などの特徴が目立つ女性は少し警戒したいところです。直せるものなら治してあげましょう。シビアな話ですが、このあたりが原因で不仲になっている夫婦をときどき見かけます。

2.できるための方法を考える女性を選ぶと幸せになれる

万事において「できない理由」ばかり考える女性と家庭を持つと幸せ度が半減します。物事が消極的になってしまいます。人生そのものも「控え目」でおもしろみのないものとなる可能性も。ピンチのときもすぐに諦める、投げてしまうという展開にもなりがちです。突破するための方法を考えられる、思考回路がタフな女性を選びましょう。学歴などに関係なく「ポジティヴ思考」「アクティヴなフットワーク」を持つ女性がオススメです。

3.美へのこだわりが強い女性を選ぶと幸せになれる

結婚して3年経って5年経って、そして10年経つと外見に変化があらわれます。老けたり、太ったり、肌が荒れたり……。やはり美しさの追求を諦めない女性を選ぶ方が男性にとっては幸せです。美しければこそ、一緒に出かけたい気持ちにも拍車がかかります。友人のパーティにだって妻を誘いたくもなるでしょう。崩れが激しい妻を「人前に出せない」といって別行動するか、美しいから連れて歩きたいと思うかでは、夫婦の充実度が180度異なります。美に厳しい女性を選びましょう。

4.社会常識力が高い女性を選ぶと幸せになれる

時間、儀礼、約束、整理整頓、人付き合い。これを乗り切る力=社会常識力が自分よりも高い女性と結婚しましょう。甘ったれた考えかもしれませんが、そのほうが妻を尊敬できます。これが逆転していると、妻の非常識を気にして、いつもピリピリしていることになります。さらには安心して子育てを任せられない気持ちにも。「あなた、もうしっかりしてよ!」と少々妻に生活指導してもらうくらいの方がうまくいきます。

5.女社会での立ち回り力がある女性を選ぶと幸せになれる

公園デビューに保育園、幼稚園、小学校、これらは皆「女の園」です。そういう場所で自分にぴったりなママ友をきちんと選別して、しっかり新しい友情を築ける女性が理想的です。親友と、それ以外をなんとなく分けつつも、誰とでも仲良くなれるといった器用さがある女性がいいでしょう。

「孤独で家にひきこもる」「しょっちゅう誰かの悪口を言って(自分が被害者の場合は別として)トラブルを起こす」「おかしな友達をつくってしまいストレスに巻き込まれる」「結局、夫しか頼れない」などに陥らない女性を選ぶといいですね。素敵なママ友との新しい出会いが楽しめるような展開が理想です。

6.いざとなったら働くわよ!な女性を選ぶと幸せになれる

一人の収入よりは二人の収入。ダブルエンジンでキャッシュフローがつくれれば、お金については安泰です。特技や専門キャリア、または「どんな仕事でもやる!」といった気迫があるのと鬼に金棒ですね。

7.レジャーを楽しむ元気がある女性を選ぶと幸せになれる

一緒に元気にOFFを楽しめるオープンな無邪気さがあると、家族や仲間どうしの「一生分の思い出の量」が豊かになります。週末になるのが楽しみで仕方なくなりますよ。

いかがでしたか? ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

<関連リンク>
結婚生活が楽しくなる夫 7つの条件
恋愛恐怖症を治す9つのおまじない
潮凪洋介 Facebookページ
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加