ライフ

図書館で『かいけつゾロリ』の話をしていたら、小さい頃の "ある罪" を思い出し…少女たちの会話が染みる

漫画家として活躍中の施川ユウキ(ハジメ)(@ramuniikun)さん。

今回ご紹介するのは、かいけつゾロリの話をする少女達のお話です。どのような展開になるのでしょうか?

かいけつゾロリと罪の記憶

 

図書室で『かいけつゾロリ』のお話をする少女たち。

すごく懐かしいですね!小さな頃読んでいたという人も多いのでは?

ゾロリのある巻をみて、急に元気をなくす女の子。

一体どうしたのでしょう?

小さい頃に自分がした「罪」を思い出してしまった少女。

そして、それを忘れてしまっていたことに、強い罪悪感を覚えているよう。

友人からの言葉で、すこし心が軽くなった様子の少女。

こういうとき、素直な言葉で励ましてもらえると元気が出ますよね。

 

いかがでしたか?小さい頃の罪って、意外と大人になってからも思い出して恥ずかしくなったりしますよね……。

施川ユウキ(ハジメ)(@ramuniikun)さんは他にも様々なお話を描かれています。

ちなみに今回のお話は単行本『バーナード嬢曰く。』の6巻に収録されているお話です!

気になる方はぜひご覧になってみてください。

 

引用元:@ramuniikun

  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加