時事

ソーシャルネットワークで世界は狭くなった?

芋づる式に友達をつないでいくと……

「スモールワールド現象」という言葉をご存知ですか? 全くの赤の他人同士でも、芋づる式に友達をつないでいくと6人目でつながるという仮説です。「六次の隔たり」ともよく言われます。簡単に言ってしまえば「世間は狭いかも」ということ。こういった話、聞いたことある方も多いでしょう。

実はこの仮説が検証されたのは40年以上も前。社会心理学者のスタンレー・ミルグラムが1967年に行った実験によるものです。この手の話はそれ以来ずっと検証されていなかったのですが、最近Facebookとミラノ大学が共同で行った調査で面白い結果が報告されました。

それは、芋づる式に友達をつないでいくと、6人目ではなく4人目で赤の他人同士がつながるということです。「六次の隔たり」が「四次の隔たり」に短縮されたという結果が報告されたのです。調査対象は7億人を超えるFacebookユーザー全体。活発になったソーシャルネットワークによって、私たちの世界は狭くなり、より密接になったのでしょうか? 確かにFacebookを始めて「知り合い」ってすごく増えてきたような……。

(via WIRED.jp
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加