時事

一富士二鷹三茄子は、なぜ縁起がいいのか

一富士二鷹三茄子
初夢は一般的には元日または2日の夜にみる夢のことです。そこで夢にでると縁起がよいとされているのがご存知の通り「一富士・二鷹・三茄子」です。

そう言われるようになったのは江戸時代のことですが、実は一富士・二鷹・三茄子のあとに「四扇・五煙草・六座頭」と続きます。それぞれが縁起モノで、「富士」と「扇」はどちらも末広がりなので繁栄、「鷹」「煙草(のケムリ)」は、どちらも上に向かっていくことから運気上昇、「茄子」と「座頭」は、どちらにも毛が無い(ケガが無い)ということから、家内安全を表しています。

縁起がいいものを並べたわけですが、天下をとった徳川家康になじみが深い駿河(静岡県)のものを高いものから順に並べたとも言われています。一番高いものが富士山、次に愛鷹山(あしたかやま)、続いて初物のナス、というわけです。

3つとも夢に出ることはそうそう無さそうですが、皆さんにとって今年もより良い一年になることを祈っています!

<関連リンク>
「!?」「“」「~」「^」の読み方は?
知ってるようで知らない「々」のこと
幕の内弁当の由来
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をシェア

あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加